転職後の人間関係を考える

転職した場合に限らず、職場での人間関係というのは、とても大事なことで、またもっとも気を使う部分ではないでしょうか? 転職後の人間関係において、特に気をつけるべき点を挙げてみると、実力主義や成果主義が浸透しつつある現代においては、役員の人選さえも年齢や性別に関係することなく、その能力次第で決まるようになってきているという事実です。

ですから、転職先の職場で、自分より年下の上司に仕えるということや、自分より年上の部下が配属されるといったことは、今ではごく普通の当たり前のことなんだと気持ちを切り替えて、転職後の人間関係で必要以上に悩まないようにすることが大切です。また、転職の場合には、その転職先の職場には同期入社の仲間はいませんし、前述のように、年齢的にも年下の人が先輩になることも当然あり得ます。

転職の場合、その職場での人間関係はゼロからのスタートということになりますが、仕事は新入社員のようにゼロからのスタートというわけにはいきません。転職してきている以上は、職歴やキャリアを持っているのですから、任された仕事はある程度こなすことが当たり前という見方をされるのが自然でしょう。

こういった中で転職後の人間関係をきちんと築いていく為には、まずは仕事をちゃんと手を抜かずに片付けるという基本中の基本と、社内の人間関係の噂話の中に安易に立ち入らないとい心掛けが大切です。転職後の人間関係で、職場への順応力やあなたの対応力が問われているという意識を持ち、職場の雰囲気が読めるように、周囲に気を配っておくことです。職場での人間関係とは、転職であれろうと新卒であろうと、他人への心配りや思いやりによって、良い人間関係が築かれていくものだということを肝に銘じておきましょう。

また、現在の社会は人材も流動化し、以前の職場の人脈を生かした仕事をするケースも少なくありません。人間関係の基本というのは、「人」と「人」にありますから、仮に会社同士が敵対関係にあっても、個人のレベルではプライベートにおいて友好を保つことも大切なことです。転職した本人のキャリアにとっても、人脈というは大きな助けとなり、自分の情報収集の入り口を広く増やす事になっていきます。

元の職場での人間関係をあっさりと断絶してしまうよりも、今まで築き上げた人脈や信用は、あなたの一つの財産ともなり得るわけですから、季節ごとの挨拶状を出すなど、個人レベルの関係はなるべく保つ努力はした方が懸命だと思います。

posted by ママ at 14:03 | 転職 その後
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。